マーキュリーが上毛新聞に掲載!新時代を生きるビジネスコテージ前橋(bizico)の改革とは

news

ホテル1-2-3前橋マーキュリーの掲載記事

2021年3月26日(金曜日)上毛新聞で取り上げられました。

withコロナ、afterコロナに対応したリノベーション計画の一つとして、当マーキュリー倶楽部が先行してオープンしたというもの。

もともとマーキュリー倶楽部のスペースは、ホテル最上階の宴会場として使われていました。

それを改装し、コワーキングスペースとして再生させたのです。

法人様の会議に使われたり、個人の起業家さん達のワークスペースだったり、学生さんの勉強場所だったり。

今では様々な人の居場所となっています。

そしてどんどん交流も生まれており、徐々にビジネスチャンスが集まってきているという感覚です。

 

ビジネスコテージ前橋(bizico)って何?

bizico(ビジコ)とは

ビジネスコテージ前橋、通称bizico(ビジコ)とは、テレワーク需要や健康需要を取り込み、ビジネスを軸に様々なサービスを展開する新しい事業です。

従来のオフィスビルとは違う、ホテルにしか出来ないサービスオフィスを目指しているとのこと。

今後も、宴会場や客室をサテライトオフィスとして活用したり、テレワークができる部屋に改装する予定だとか。

働く人々が、それぞれの都合に合わせたスタイルを構築できるようになった今、この「ビジネスコテージ前橋」という考え方は、重要性を増してくるのではないでしょうか。

 

ホテル1-2-3前橋マーキュリーの取り組み

「ビジネスコテージ前橋」が動き出し、ホテル1-2-3前橋マーキュリーは、今までの宴会・宿泊が主なシティホテルの概念を脱却し、新時代を切り開いています。

もちろん、「コワーキングスペース・マーキュリー倶楽部」もその一環です。

「マーキュリー倶楽部」を利用してくださるお客様、ホテルを利用するお客様が快適に過ごせるよう、様々なコラボプランを作ってきました。

マンスリー会員様のホテルタイアップ企画・お食事

ホテルとのコラボプラン

しかし、ホテル1-2-3前橋マーキュリーの取り組みは、まだ始まったばかりです。

今後は、サテライトオフィスをはじめとし、フィットネススペースの整備、栄養バランスの取れた食事の提供。

そして各種サービスを連携させ、割引価格での料金体系を導入するというのです。

また、ホテル内に「ベトナム交流・支援センター」を併設し、ベトナム人の人材育成も手掛けていくそう。

ベトナムと日本の架け橋となる構想まであるなんて、前橋に活気がみなぎること間違いなしです。

従来型ホテルを脱却し、「運動・食事・睡眠」をベースに、「ビジネス」、「教育」といったライフワークスペースとして躍進していくことでしょう。

まとめ

「ビジネスコテージ前橋」は、いまだかつて前橋にはない新たな複合型サービスということ。

これから、もっと凄いサービスが始まると思うと、なんだかワクワクしますね!

マーキュリー倶楽部も、「ビジネスコテージ前橋」に参加させて頂き嬉しい限りです。

様々な人やアイディアが集まって、ホテル全体が「色々な物事が渦巻くオープンスペース」となっている光景が目に浮かびます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました